愛知県立瑞陵高等学校サッカー部

アクセスカウンタ

zoom RSS 練習試合 vs 長良 ・ 飛騨高山 4/3(火)

<<   作成日時 : 2012/04/03 15:29   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

瑞陵 0 − 4 長良  【十六銀行粟野G 10:00〜】

【選手コメント】
 前半は、真ん中のマークが捕まえきれず前線からプレスをかけにいけなくてなかなかボールを奪えず、やっと奪ったボールも、雨でぬかるんだピッチではまだまだ思うようにコントロールが出来ずに簡単に失ってしまっていた。後半は人数をかけてボールを取りに行くも、1stDFのコースの切り方が甘く、中盤の空いたスペースにパスを通されて不利な状況を多く作られた。こちらのクリアボールがFWにおさまらず、2ndボールもひろえなくて攻めることが出来なかった。がむしゃらにボールを奪おうとしてボールウォッチャーになり、マークが外れてしまうなど、終始相手のペースで試合を進めさせてしまった。
ここ2試合、1stDFの寄せやマークの距離の遠さという、今までうまくできていた「前線からのハードプレス」が機能しない状況が続き、さらに一対一の弱さという弱点が新たにわかった。
こういう上手くいかない状況に対して冷静になって判断できなかったことは、チームとしてまだまだ未熟であると痛感させられた。

リーグ戦まであとわずか、冷静に判断することは間に合わないかもしれないが、今までやってきた「前線からのハードプレス」の信念を曲げずに、また瑞陵の持ち味でもある「粘り強さ」を発揮し、さらに「走り負けない」という気持ちを強くもって挑みたいと思う。
個人としては、一対一気味の場面でシュートセーブすることが出来ず、また目測を誤って飛び出しが間に合わず失点するミスもあり、4失点という不甲斐ない結果に終わってしまった。
一対一の場面では、もっと相手に脅威を与えるような飛び出しをしたい。また後方から試合を観察し、試合の流れに影響を与える指示を出したい。(亮士)


瑞陵 1 − 1 飛騨高山  【十六銀行粟野G】

得点者・・・遼太郎

【選手コメント】
 今日は、ピッチコンディションが非常に悪い中での試合だったが、一人一人が「するべきプレー」を意識していたので悪い内容ではなかった。しかし、守備ではアプローチが少しずつ遅れて裏に蹴られる場面があったので、もっと速くプレッシャーをかけていくべきだと思う。攻撃も積極的に関わることでリズムが生まれていくので運動量を上げていきたい。(遼太郎)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
強風と雨の中での試合 お疲れ様でした

いよいよ公式戦が始まりますね 先生を中心に部員全員が一丸となって勝ち進むことを願ってます
厳しい試合もあると思います でもそんな時こそ みんなの気持ちがバラバラになることのないように 諦めず粘りをもって戦って下さい
女子ワールドカップでの アメリカ戦のようにみんなが絶対に勝つという気持ちで一つになって最後まで諦めない気持ちが勝利を呼び込むと思います 応援してます
サッカー大好き
2012/04/06 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
練習試合 vs 長良 ・ 飛騨高山 4/3(火) 愛知県立瑞陵高等学校サッカー部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる