愛知県立瑞陵高等学校サッカー部

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤野杯 vs 時習館・千種・松蔭B 3/15(日)

<<   作成日時 : 2015/03/15 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瑞陵 3 − 0 時習館 【時習館G 9:00〜】

得点者 ・・・燿志2・昌憲

【選手コメント】
藤野杯の2日目で疲労が溜まっていたが、立ち上がりが良くなかったと感じた。徐々に運動量が上がって相手の攻撃が中盤で引っかかるようになったが、立ち上がりは裏までいかれるシーンが多かったので疲れが残っていても全員で声を掛け合い、立ち上がりからゲームに入れるように修正していくことが大事だと思った。相手のFWが落ちて来た時やサイドの選手が中に入ってきた時の対応が少し曖昧だったので、中盤とDFでコミュニケーションを取って早めにはっきりさせたい。また、相手にサイドに広げられて攻撃される場面があったので前線、中盤でチェックを厳しくして広げる隙を与えないようにしていく必要がある。攻撃はやはりまだ決定力が足りないので、シュートはコースを狙って枠を捉えることを意識していき、センタリングが入る時は中の選手がタイミング良く飛び込めるように突き詰めてこれから取り組んでいきたいと思う。(蒼斗)


瑞陵B 1 − 2 松蔭B

得点者 ・・・ 樹

【選手コメント】
この試合は裏に抜いて終わって、しっかり前からプレッシャーをかけることを意識して臨んだ。前半は裏に蹴ったあとの押し上げを速くすることができたが、能力の高い相手にひとりでボールを奪いにいき奪いきれない場面が多かった。後半は複数でボールを奪うことを意識したのでボールを奪いきることが多くなった。しかし、インターセプトを狙っていないなど基本的なことがまだまだ出来ていなかった。このようなことは日頃の練習での意識の低さのあらわれであり、これから高い意識をもって練習をしていきたい。(樹)


瑞陵 0 − 0 千種(30分×1本)

【選手コメント】
相手のサッカーは自分達と似ていて、特に相手がボールを失った後の詰めが早かった。その時に狭い方に追いやられる事が多く、サイドに広げることもリスクが大きかったのできっちりと抜いて終わってそこから高い位置からの守備をスタートさせたかった。自分達はまだやりきることができず、嫌な形でボールを失うことが多かったのでそこは徹底したい。高い位置で失っても、すぐ奪って再び攻める形はあって良かったと思う。相手も自分達の後ろのスペースを狙っていたので、一瞬も気を抜くことが出来なかったのに、相手にビッグチャンスを与えてしまったことは反省してこれからに繋げたい。(陸)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤野杯 vs 時習館・千種・松蔭B 3/15(日) 愛知県立瑞陵高等学校サッカー部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる